お客さま本位の業務運営に関する取組方針

 但陽信用金庫は、当金庫の経営理念に基づき、ミッション(私たちの使命)として地域の持続的発展に貢献し地域になくてはならない金融機関を目指すことを掲げ、これらを実践するため金融業務は勿論、地域・お客さまが求められるあらゆるニーズにお応えするため、「よろず相談信用金庫」を標榜しています。
 また、これらの方針のもと、お客さまの資産形成・資産運用におけるお客さま本位の取組みを実践するため、「お客さま本位の業務運営に関する取組方針」を策定し公表します。お客さまにとって、より質の高い金融サービスとコンサルティング機能の発揮に努め、より一層お客さまの信頼に応えてまいります。

お客さま一人ひとりに最も適した金融サービスの提供

お客さまの最善の利益を図るために、お客さま本位の業務運営に努めます。
お客さまに対して誠実・公正な業務を行い、これらの業務運営が企業風土として定着するよう努めます。
お客さまの資産状況、取引経験、知識及び取引目的、ニーズを正確に把握し、お客さまにふさわしい金融商品・サービスの組成、販売・推奨等に努めます。

利益相反行為の適切な管理

お客さまの利益が不当に害されることのないよう、利益相反の可能性について正確に把握し、利益相反の可能性がある場合には、当金庫が定める「利益相反管理規程」にのっとり適切に管理します。

手数料等の明確化

お客さまが負担される手数料その他費用の詳細については名目を問わず、その手数料等がどのようなサービスの対価に関するものかを含め、お客さまに十分理解頂けるよう情報提供をします。

重要な情報の分かりやすい提供

金融商品・サービスの販売・推奨等に係る重要な情報については、お客さまに十分理解頂けるよう分かりやすく提供します。

お客さま本位の業務運営の実践に向けた態勢整備と人材育成

お客さま本位の業務運営の実践を推進するため、研修体制の充実と職員の資質向上に努めます。
お客さま本位の業務運営の営業活動を適切に評価するため、業務評価のあり方を定期的に見直します。

以上


ページの先頭へ