コンプライアンス体制

コンプライアンス(法令等遵守)の取組み

当金庫は、適法かつ適切な業務運営により「地域社会の発展」に貢献するという
社会的使命と責任を全うするため、コンプライアンスの基本方針を次のとおり定めています。

コンプライアンスの基本方針

金融の自由化・国際化の進展、金融技術の発展等により、金融業務はますます複雑化、多様化しています。
これに伴い、ステークホルダーおよび地域社会との関係も複雑化し、
顧客保護の必要性がますます高まっています。

このような環境の中、金融機関にとってコンプライアンス態勢の強化・確立は、業務の健全性および
適切性を確保するための最重要課題の一つとなっており、理事会は、コンプライアンス態勢の
強化・確立のための施策を決定し、全役職員はこれを遵守しなければなりません。

このため当金庫は、コンプライアンスの統括部署として「コンプライアンス委員会」を設置し、
コンプライアンス態勢強化のための具体策の検討、進捗状況の管理、モニタリング等を通じて
態勢の強化・確立を図ります。

コンプライアンス体制

コンプライアンス委員会の設置

当金庫は、コンプライアンスに関する統括部署として「コンプライアンス委員会」を設置し、
コンプライアンス態勢強化・確立のための具体策の検討、進捗状況の管理、
モニタリング等を通じて、態勢の強化・確立に努めています。

コンプライアンス室の設置

コンプライアンスに関する具体的施策の実施、進捗状況の管理のための部署として
「コンプライアンス室」を設置し、コンプライアンス態勢の強化・確立に取り組んでいます。


行動綱領、コンプライアンス・プログラムの作成・実施

役職員の行動指針を「行動綱領」、「行動規範」として定め、コンプライアンスを
実現するための具体的手引書として「コンプライアンス・プログラム」を制定するとともに、
役職員が遵守すべき法令やルールを取りまとめた「コンプライアンス・マニュアル」を
毎年作成・配布し、コンプライアンスの実践に努めています。

職員教育、遵守状況の確認

勉強会風景

「法令等違反事例集」等の教材を作成し、各職場において定期的に勉強会を実施しています。

また、職員全員による「コンプライアンス自己チェックリスト」での確認や、コンプライアンス室による指導や 内部監査を通じて実践状況の点検を行い、さらなる実践へ活かすよう努めています。



ページの先頭へ