地域密着型金融の取り組み状況について

地域の皆様にとって「なくてはならない信用金庫」を目指して取り組んでいます。

「地域密着型金融」の取組みは、金融業務を通じた地域貢献はもとより、
当金庫のビジネスモデルの高度化と収益力の向上につながるとの認識に立ち、「自主性・創造性を発揮した取組み」を促進し、地域内経済の活性化に注力しながら、実効性の確保に向けて着実に取り組んでいます。

当金庫は、金融業務はもとより、金融以外のあらゆるご相談にもお応えするために、
「よろず相談信用金庫」を標榜しています。

「取引先企業に対するコンサルティング機能の発揮」、「地域の活性化に向けた面的再生への積極的な参画、活性化への貢献」、「地域や利用者に対する積極的な情報発信」等の取組みを継続的に推進し、
健全経営の維持・向上に努め、地域の皆様にとって「なくてはならない信用金庫」を
目指し取り組んでいます。


地域密着型金融推進状況

地域密着型金融への中長期的な取組み

「地域密着型金融に関するシンポジウム」での事例発表

平成20年度近畿財務局から顕彰

「当金庫の多重債務問題への取組みについて」

当金庫の多重債務問題への取組みについて 顕彰状 神戸国際会館に於いて

(神戸国際会館に於いて)

平成19年度近畿財務局から顕彰

『「住民の自主的なまちづくり」に向けた取組みへの支援』

「住民の自主的なまちづくり」に向けた取組みへの支援 顕彰状 神戸国際会館に於いて

(神戸国際会館に於いて)

リレーションシップバンキングの機能強化計画の進捗状況



ページの先頭へ