各種支援メニュー

知的資産経営支援とは?

「強み」を再発見し景気に左右されない企業になるお手伝い。それが《たんよう》の知的資産経営支援

目に見える資産と目に見えない資産について

あなたは、あなたの会社の「資産」をご存じですか?

現金。
売掛金。
商品の在庫。
会社名義の不動産…

これらはまぎれもなく「会社の資産」です。
「それって、バランスシート(貸借対照表)に載ってるよね、何を今更…」というお言葉が返ってきそうです。しかしながら「バランスシートに載っているもの」だけが、はたしてあなたの会社の「資産」なのでしょうか?

例えばこのような言葉も世間ではよく聞かれます。
「企業は人なり」
「人材(人財)は社の宝」
そんなことを言うのであれば、「会社の資産」に「社員」が入っていても良さそうなものですが、バランスシートには載っていません。

あるいは、会社が持つ「技術力」はどうでしょう?
また、社長や社員が持つ人脈や有力な取引先といった「ネットワーク」はどうでしょう?
これらも貸借対照表の「資産」としては認識されていないものです。

しかし、これらはある意味「他に代えがたいもの」として、会社にとって最も大切なもののひとつに認められてもおかしくないものばかりではないでしょうか?

非常に大切なものであるにもかかわらず、バランスシートに計上されない(見えない)会社の大切な資産… これらを「知的資産」と呼びます。

目に見える資産と知的資産イメージ

《たんよう》知的資産経営支援で景気に左右されない企業になる

「知的資産」は、事業活動の中で「当たり前のように使っている」ものだからこそ、普段から深く考えたりしない…
あるいは考える機会や余裕がなかなか持てないものです。

この「知的資産」を「見える化」して、外部に強く打ち出すことができたなら…
「あの会社なら、優秀な人材が豊富にいるから任せて安心だ」
「あの企業のネットワーク力なら、なんなくやってのけるだろう」
そういった評価を得られることに繋がります。
それは、もしかするとバランスシートに計上されている目に見える「資産」をたくさん持っているのと同じくらい…あるいはそれ以上の効果があるのかもしれません。

経営者と社員が一緒に、丁寧に自社のことを見つめなおし、財宝を発掘するかのようにひとつひとつの「知的資産」を掘り起こして確認し、自社の「強み」を再定義する。

《たんよう》「知的資産経営支援」で、自社の「強み」を再発見し、
景気の波に左右されない企業になりませんか。

景気の波に左右されない企業イメージ

支援の流れ・活用支援について

知的資産経営レポート・報告書の作成支援はもちろん活用も《たんよう》がしっかりと支援します。

「知的資産経営」の活用支援の流れ

「知的資産経営」の活用も《たんよう》が支援します

知的資産経営レポート・報告書作成の支援はもちろん、それらの活用に関しても、当金庫が各種支援メニューにより総合的にお手伝いします。
各種支援メニューの詳細はこちらよりどうぞ。

各種支援メニュー

  • もっとつながる、ひろがるビジネスマッチング
  • 積極的に申請!各種補助金申請支援
  • 技術・経営力評価
  • 専門家派遣
  • M&A


全力で支援!
まずは知的資産経営支援セミナーへご参加を

まずはこちらから
《たんよう》知的資産経営支援セミナー風景

「知的資産経営支援セミナー」に参加

まずは《たんよう》が主催する「知的資産経営支援セミナー」にご参加ください。
ここでは、「知的資産経営」についての解説や、実際に取り組まれている企業の経営者からその効果についての話などを詳しく聴ける機会を用意しています。

知的資産経営支援セミナー



知的資産経営支援のご相談はこちらからどうぞお気軽に

お電話でのご相談はこちらから

  • 《たんよう》事業支援部コンサルティング課 0120-200-707 受付時間(平日)9:00~17:00

お近くの《たんよう》へ

  • 店舗検索


お取引のない方もお気軽にご相談ください。

ページの先頭へ