セミナー・勉強会 お客様の声・事例集セミナー・勉強会 お客様の声・事例集

株式会社丸十様に「知的資産経営報告書」の作成と活用についてコメントをいただきました。



「コトバ」にすることの大切さを実感しました。

株式会社 丸十 (精密板金業)   代表取締役 松尾将勝 様

株式会社 丸十 (精密板金業) 
代表取締役 松尾将勝 様

 我が社の「強み」あるいは「課題」は何か? 経営者であるならば、これらはアタマの中で漠然と分かっているであろうと思います。 しかし、改めてこれを誰にでもわかりやすい「コトバ」で表現するのは難しいものです。

 知的資産経営報告書の作成の過程では、「我が社」と濃密に向き合うプロセスを経ます。
 同業他社より秀でて提供できる価値とは…?
 社長の「想い」
 社員の仕事に対する「プライド」
 経営者、従業員が膝を突き合わせて考えることはもちろん、取引先、金融機関、外部有識者等様々な角度からの検証も行います。

株式会社丸十様

 このようなプロセスを経ると、社員も社長が何を考えているのか…例えば、
「なぜ、今このタイミング で海外に進出するのか?」
「なぜまだ使える機械があるのに、あえて最新設備に切り替えるのか?」と いったこともすんなり理解しやすくなった、と言ってくれるようになりました。 また、報告書作成時に在籍していなかった社員に対しても、会社のことをきちんと説明しやすくなる…。

株式会社丸十様

 改めて表現された「我が社」の姿が記された「知的資産経営報告書」は、海外展開やリクルーティング 活動の際の大きな武器となっています。

 「品質」「配送」「価格」の3要素において、お客様にとってのベストサプライヤ ーを目指すための人的資産を磨く…社員たちが現場で実施する小集団活動や5S運動でも、知的資産経営報告書のブラッシュアップをテーマとして挙げるなど、人材育成や品質向上の糧ともなっています。

関連情報

ページの先頭へ