ピックアップピックアップ

「姫路ゆかたまつり」に職員が商店街スタッフとして参加させていただきました。


姫路支店職員が「二階町商店街」で頑張りました!

姫路ゆかたまつり

 例年6月22~24日に行われる「姫路ゆかたまつり」は、長壁神社の例祭から始まったものだと言われています。長壁神社は、千年以上前から姫路城のある姫山に地主の神としてまつられていました。

 しかし、秀吉が姫路城を築いてからは、城内にある長壁神社には武士以外の人は参拝できなくなってしまいました。

 城主 榊原政岑(まさみね)公の時、一般の人も参拝できるよう長源寺の境内に社を移し、遷座祭を開催いたしました。それが、寛保二年(1742年)の夏至の事。以来、長壁神社では6月が例祭と決められたのです。
 その遷座祭で、人々が式服を作る間がなく「ゆかた」を着たことから、毎年それにならってゆかたを着るようになり「ゆかたまつり」と呼ばれるようになりました。

ゆかたまつりの様子
姫路ゆかたまつり

子供ゆかたパレードのスタート

姫路ゆかたまつり

姫路市消防音楽隊がパレードを先導

姫路ゆかたまつり

長壁神社付近は大変な賑わい

姫路ゆかたまつり

オープニングセレモニーで副市長がご挨拶

姫路ゆかたまつり

黄色い「二階町」Tシャツでがんばりました

姫路ゆかたまつり

声を上げてお客様を呼び込み

 6月22日、今年もゆかたまつりは「子どもゆかたパレード」で開幕。長壁神社周辺には多くの露店が並び、色とりどりの浴衣姿で行き交う人々で城下町は賑わいました。

 当金庫姫路支店は、二階町商店街にあり、商店街振興組合や東二階町自治会が行われる各イベントの企画や「おもてなし出店」(「飲みもの」の販売)等に、職員がスタッフとして、地域のみなさまと一緒に活動させていただきました。

ページの先頭へ