ピックアップピックアップ

姫路市消防局 第一回「応急手当普及功労事業所 表彰」について


「応急手当普及功労事業所」として感謝状をいただきました。

応急手当普及功労事業所 表彰

 当金庫は、平成16年より職員対象に緊急時や不測の事態に迅速に対応できるよう AEDの操作方法を含め心肺蘇生法の基礎知識を習得するため、「普通救命講習Ⅰ」を開催し修了者増加に取組んでいます。

 平成20年9月、姫路市消防局より「応急手当普及員」として職員が、認定されました。「応急手当普及員」は、地域の自治会、PTAならびに各種団体等の要請を受けて「市民応急手当講習」を実施しています。
   また、来店客や通行者の心臓発作などの緊急時に備えて、全店舗のATMコーナーおよび本部など合計36ヵ所にAED(自動体外式除細動器)を設置しています。
 ※2016年9月末現在で43ヵ所に増設。
 

 平成19年11月から姫路市では、AEDの普及と「安全・安心のまちづくり」推進として、「ひめじ救命ステーション」制度が開始され「指定統一ステッカー」を掲示して、この取組みに協力しています。

 平成28年9月6日(火)、長期にわたる応急手当普及啓発への取組みに対して、姫路市消防局長より「応急手当普及功労事業所」として感謝状をいただきました。
 引き続き、地域金融機関として「地域の安全と安心」の町づくりのために、今後とも積極的に取組んでまいります。

【表彰式の様子(於:姫路防災センター)】
応急手当普及功労事業所 表彰応急手当普及功労事業所 表彰

【関連リンク(取組みの紹介ページへのリンク)】

AEDの設置と普通救命講習 

ページの先頭へ