ピックアップピックアップ

「たたらぎダム湖マラソン大会」に職員がスタッフとして参加


朝来支店メンバーが、運営のお手伝いをさせていただきました!

第34回 たたらぎダム湖マラソン大会

 朝来市多々良木には、関西電力㈱奥多々良木発電所があります。この発電所は、日本海側と瀬戸内海側の分水界の地形的特徴を利用してつくられた日本最大出力の揚水式水力発電所です。上部ダム(黒川ダム)と下部ダム(多々良木ダム)は、ともにロックフィル式ダムで、その標高差約400メートルを利用して発電しています。
 多々良木ダムの真下には、朝来市佐中出身の彫刻家淀井敏夫氏(1911年~2005年)の生涯作品が常設展示されている「あさご芸術の森美術館」や、広大な彫刻公園も併設されております。

 朝来市(実行委員会・体育協会等)は、この美術館に隣接する「多々良木みのり館」を発着点とし、ダム湖を周る「たたらぎダム湖マラソン大会」を開催しています。毎年6月の第1日曜日、県外も含めて大勢のランナーが、青い水と深い緑を楽しみながら、マラソンやジョギングにいい汗を流されています。

第34回 たたらぎダム湖マラソン大会

受付での記念品の管理・お渡し係を担当

第34回 たたらぎダム湖マラソン大会

競技後のお楽しみ抽選会も担当

 第34回大会となった2019年6月2日(日)はあいにくの曇り空でしたが、自然の中にあるダム湖の眺望を満喫しつつ、走りを楽しまれていました。
 当金庫はこの大会を後援させていただいているほか、当日は朝来支店職員有志それぞれが、受付や抽選会のボランティアスタッフとしてお手伝いさせていただきました。

ページの先頭へ