ピックアップピックアップ

「飾磨街道フェス」を後援、職員もスタッフとして参加しました


姫路南支店・飾磨支店の職員がスタッフとしてお手伝いしました!

播磨街道フェス

 

 7月16日(月・祝)に、日本遺産に指定された「銀の馬車道 鉱石の道」の「飾磨街道」にフォーカスしたイベント「飾磨街道フェス」が開催されました。

 「飾磨街道」は、明治・大正期に生野鉱山(兵庫県朝来市)から飾磨津(姫路市)を結んだ「銀の馬車道」のうち、JR姫路駅付近から南側の街道のこと。馬車道の最終区間であり、古い町家や寺など当時の面影がある建物も残っています。
 今回、地元自治会などでつくる「『銀の馬車道』飾磨街道活性化委員会」が中心となって、「飾磨街道」について知ってもらう機会として「飾磨街道フェス」を企画、開催の運びとなりました。

播磨街道フェス

 

 街道沿いに3つの会場を設置、第一会場の古民家「安田寳角邸」をスタート地点として、第二会場「栗山町公民館」を経て、第三会場となる「亀山本徳寺」までの約1.5kmを、馬車に見立てたポニーと大八車を先頭に行列をつくって歩きました。各会場では、民謡の演奏や小学生の書道・絵画展、紙芝居や特産品の販売などが催され、参加者を歓迎しました。

 当金庫は「飾磨街道フェス」を後援させていただくとともに、姫路南支店・飾磨支店の有志職員が第三会場「亀山本徳寺」での物品販売などのお手伝いをさせていただきました。

■ 飾磨街道フェス ■
(県政150周年記念県民連携事業)

開催日平成30年7月16日(月・祝)
会場第一会場:「安田寳角邸」、第二会場:「栗山町公民館」、第三会場:「亀山本徳寺」
主催「銀の馬車道」飾磨街道活性化委員会
後援兵庫県中播磨県民センター・姫路市・但陽信用金庫・神姫バス(株)

ページの先頭へ