ピックアップピックアップ

第2回「日本一どでカボチャ兵庫県大会」に神崎郡店舗の職員等がスタッフとして参加しました。


「日本一どでカボチャ兵庫県大会」

日本一どでカボチャ兵庫県大会

 「日本一どでカボチャ大会」は香川県小豆島で約30年続く歴史ある大会。てまひまかけて育て上げた「巨大化カボチャ」アトランティス・ジャイアント種の重さや形を競う全国大会です。この「どで(かい)カボチャ」の栽培を町おこしにつなげようと、NPO法人はりま田舎暮らしの会が「全国大会」「世界大会」につながる公式大会として企画した「日本一どでカボチャ兵庫県大会」が福崎町のさるびあドームで開催されました。

 第2回を制したカボチャは212.5kgと、全国大会実行委員会の方もたたえる記録。第1回大会の255.4㎏には少し及びませんでしたが、昨年を大きく上回る58名の方々が出品され、大会は大いに盛り上がりました。 
 当日はミゼットやスバル360など昭和の懐かしい車のパレードや、福崎町・市川町・神河町のご当地グルメ屋台などもあり、多くの方々が楽しんでおられました。

 当金庫職員は、事務局のお手伝いにスタッフとして参加させていただきました。

【イベントの様子】
日本一どでカボチャ兵庫県大会日本一どでカボチャ兵庫県大会
日本一どでカボチャ兵庫県大会日本一どでカボチャ兵庫県大会

※大会に出展されたどでカボチャを福崎支店に展示しています。お気軽にお越しください。

■第2回 どでカボチャ兵庫県大会
開催日令和元年9月8日(日) 9:00 ~
会場福崎町 さるびあドーム
主催NPO法人 はりま田舎暮らしの会
後援兵庫県中播磨県民センター・福崎町・市川町・神河町
協賛但陽信用金庫・ホームセンターアグロ

ページの先頭へ