偽造・盗難キャッシュカード等被害防止のためのご注意とお願い

偽造・盗難キャッシュカード等被害防止のためのご注意とお願い

お客さまには、「キャッシュカードと暗証番号」「通帳(証書)と印鑑」「インターネットバンキング取引にかかるID・パスワード」などを厳重に管理していただくとともに、推測されやすい「暗証番号またはID・パスワード等」をご使用の場合は速やかに変更してください。

最近、偽造・盗難キャッシュカード等を用いた預金の不正な払戻し被害が多発しております。 ATMご利用中に画面に暗証番号変更のお願いメッセージが出たり、窓口などで暗証番号の変更をお願いしました場合は、速やかに暗証番号の変更を行ってください。

偽造・盗難キャッシュカード等による被害防止のために、以下のことにご注意をしてください。

  • 偽造キャッシュカードは「スキミング」と呼ばれる方法でカードの磁気情報を不正に読み取り、それをもとに偽造カードを作成し、何らかの方法で暗証番号を入手して預金を不正に引き出すもので、盗難カードと違ってお客さまのお手元にカードがあるため、被害に気付きにくい特徴があります。
  • キャッシュカードや通帳等を盗まれたり、紛失した場合や預金通帳等に身に覚えがない取引が記帳されているなどの場合には、ただちに当金庫へご連絡ください。

キャッシュカードの管理

  • キャッシュカードは、他人に使用されないよう厳重に管理してください。
  • キャッシュカードは、紛失していないかこまめにご確認ください。
  • キャッシュカードは、暗証番号を記載したメモや暗証番号を推測させる書類等(運転免許証・健康保険証・パスポート等)とは別々に管理してください。
  • キャッシュカードを安易に他人に渡さないでください。
  • キャッシュカード盗難の手口は、大半が「車上荒らし」となっております。キャッシュカードを入れたお財布などを自動車内などの他人の目につきやすい場所に放置するなど、盗難される危険性が高いと一般的に考えられる状況下におかないでください。
  • 飲食店などの壁や椅子に掛けた上着やカバンからキャッシュカードなどが入った財布ごと抜き取られないようにしてください。
  • キャッシュカードは、外出の際には必要なカードだけをお持ちください。

暗証番号の管理

  • 暗証番号は、他人に知らせないでください。
  • キャッシュカードに暗証番号を書き記さないでください。
  • 生年月日、電話番号、住所・地番、自動車のナンバー、同一数字4桁、連続番号など、他人に推測されやすい番号を暗証番号に使用しないでください。
    このような他人から推測されやすい暗証番号を使用している場合には、ただちに変更してください。
  • キャッシュカードの暗証番号は、ロッカー、貴重品ボックス、携帯電話など他のサービスをご利用する際の暗証番号に使用しないでください。

通帳(証書)・印鑑の管理

  • 当金庫の通帳は、ATMによるご預金の通帳出金を可能としておりますので、キャッシュカードと同様に厳重に管理してください。
  • 通帳(証書)・印鑑を紛失していないかをこまめにご確認いただくとともに、通帳記入などで残高をこまめにご確認ください。
  • 通帳(証書)・印鑑を安易に他人に渡さないでください。
  • 届出印の印影が押印された払戻請求書、諸届を通帳(証書)ともに保管したり、他人に渡したりし ないでください。
  • お取引にかかる印鑑については、大量に生産されているものなどは極力使用しないでください。

インターネットバンキング取引にかかるID・パスワードの管理

  • ID・パスワード等は、他人に知らせないでください。
  • 生年月日、電話番号、住所・地番、自動車等のナンバーなど他人に推測されやすい番号をパスワードに使用しなでください。
  • ID・パスワード等をパソコンのファイルやメール等に保存しないでください。
  • ID・パスワード等は、メモ等の紙に残さないようにしてください。
  • インターネットカフェなど不特定多数の人が利用する場所のパソコン等で、インターネットバンキング取引を行わないで下さい。
  • 当金庫からメール等でお客さまのID・パスワードをお聞きすることはありません。


ページの先頭へ