個人のお客さま向け《たんよう》よろず相談

《たんよう》コンシェルジュ

子供の教育費について相談したい

子供の進学費用。
用意はしてるのだけど、もしもの時に心配…

相談者
相談者
O様 個人
(40代・女性)

我が家の長男が、高校2年生になりました。
息子が通っている塾でも、いよいよ大学受験に向けての取組みが
本格化するとのことで、親側でも気合が入ります(笑)

進学資金については、準備しているのですが、息子が理系のため、
心づもりをしている額よりもたくさんのお金がかかってしまうかもしれません(まだ分かりませんが)。
かといって、まとまったお金を借りる「教育ローン」を予め借りておいても、そのお金を利用しなかった場合、利息がかかるので損をしてしまうかもしれません。

あまり子供にお金について不安な顔は見せたくないし…
何か良い方法はないでしょうか?


WEBよろず相談課長
WEBよろず相談課長

毎月、定期積金をきちんとかけこみされているのは、
お子様の進学資金の準備のため。
それは毎月集金させていただいている私が一番よく知っているつもりです。
そんなO様から、準備されているからこそのご不安をお聞きしました。

但陽は、3つの種類の教育ローンを用意しており、
そのうちの「教育カードローン」と「貸越型教育ローン」は、
契約時点では利息は一切かからず、実際にお金がご入り用になって
初めて利息がかかる教育ローン。
しかも、返済はお子様が大学を卒業してから!
まさにこの不安に応えるための商品でしたので、これをご案内しました。

ご利用の申し込みについては、お子様が受験に合格してから
になりますので、まだ時間的には余裕があります。
まずはお子様のご健闘を応援します!

これで安心!

“よろず相談”で問題解決のお手伝い

相談者

「ローン」と言えば、手続きしたらお金が口座に振り込まれて、それからずっと利息が必要になるものだと思ってましたが、これだと、「いつでも借りることができる」という予約をするようなイメージで、手続きをしても「借りても借りなくてもいい」「借りなければ利息はかからない」ということでびっくりしました。

これで安心!息子よ、ガンバレ!


本事例担当:営業店 渉外担当


WEBよろず相談課長からの当事例のよろず相談ポイント

いつでも借りられる「ワク」を予約するようなイメージ

WEBよろず相談課長
《たんよう》教育カードローン-貸越型-は、いつでも借りられる最大500万円までのワクを予約するイメージ

当金庫でご用意している「教育カードローン」と「貸越型教育ローン」は、教育に関する出費に備えて、ご利用いただける一定金額の「ワク」をご予約いただくようなイメージです。

お客様にはお申込みいただいた額までご出金いただける「専用の通帳」を一冊お渡しします。
ご利用になる時には、この通帳を窓口にお持ちいただき、ご利用になる教育資金の明細(入学金や授業料の振込用紙など…
当店でお振込いただきます)と印鑑をお持ちいただいて、あたかも通帳から引き出して振込をする、という感じでご利用いただけます。

「教育カードローン」はこの専用通帳に加えて、専用キャッシュカードをお持ちいただきますので、ATMでより便利にご利用頂けます。


専用通帳、専用キャッシュカードでお金を引き出した時から、利息が発生。
使わなければ利息はかかりません。

WEBよろず相談課長
使わなければ利息0ゼロ

お子様が在学中の間は、専用通帳・専用キャッシュカードでお金の出し入れが可能です。

お金を引き出さなければ融資利息もかかりませんので、もしもの時の教育資金の手当に最適です。また、在学期間中なら専用通帳にお金を入金することも可能ですので、いつでも返済できます。

つまり、利用額を減らして融資利息の支払いを減らすことも可能です。

お子様が卒業された時点で、ご利用額が確定し、
その額に応じた返済期間と返済額で分割返済していただくことになります。
だから、お子様在学中にお引き出し、ご入金を、繰り返しご利用いただいても、この間は融資利息を頂戴するだけでご利用額確定時にご利用金額が0円なら…
もちろん、元金の返済もありません。

(ご利用期間中の融資利息の清算はございます)



コンシェルジュからのおすすめコンテンツ

教育ローンは受験の時だけでなく、在学中もご利用いただけます。
また、商品によっては、ご兄弟姉妹分の教育資金も、
同じ教育ローンの中でご利用いただけるものものあります。
お気軽にお問い合わせください。


おすすめの「教育ローン」

  • 《たんよう》教育カードローン-貸越型-
  • 《たんよう》教育ローン-貸越型-

《たんよう》コンシェルジュ おすすめコンテンツのご案内

子供の学費の準備って、いつごろから、いくらぐらい?

相談者
相談者
P様 個人
(30代・女性)

子供が私立の幼稚園に入りました。

これから将来のことを考えると、今から長い期間をかけて少しずつ
子供の学費の準備をしたほうがいいのかな…と思うようになりました。

こういった準備って、皆さんいつ頃から、いくらぐらいの金額に
向けて準備をしていくのでしょうか?


WEBよろず相談課長
WEBよろず相談課長

窓口にお子様のご預金のお預入にお越し頂いた時、ご相談いただきました。

実は、但陽の店頭には、簡単なご質問にお答えいただくだけで、統計値からお客様の「ライフプラン」を試算できるシステムがあるんです!
所要時間はものの2分ほど!
さっそく計算した結果をすぐにお渡ししました。

お子様の大学進学までに、今はまだ時間的な余裕があるので、
時間を味方つけた教育資金の準備をご提案しました。
今から、長期的な商品である学資積金や学資保険等で教育資金の準備をスタートされたら、無理なく教育資金を準備できることをご案内しました。

このシステムでは、もっと詳細なシミュレーションもお手のものですので、またお時間のある時にいつでも窓口にお越し頂くようご案内致しました!

ほんのちょっと答えただけで、こんな資料が!

“よろず相談”で問題解決のお手伝い

相談者

アンケートに回答して、ライフプランを計算…っていうのはたまにありますが、思いのほか質問が多くて、途中でめんどくさくなるのですが、但陽さんの店頭でやったのは、4つほどの質問に答えるだけ。
すぐに具体的な資料がもらえ、びっくり。

これだけでもおおよそのことが分かるので、すこーし不安に思っていた将来のことを、こわがることなく考えてみよう、という気になりました。
次はもうちょっと詳しく計算してもらいに来ますね!


本事例担当:営業店 窓口担当


WEBよろず相談課長からの当事例のよろず相談ポイント

具体的に、カンタンにご案内できます!

WEBよろず相談課長
ライフプラン・シミュレーション

「子供たちの大学卒業まで教育費は?」 「老後のための資産形成はいつごろから準備すれば?」 たんようでは、お客様のご心配ごとについて、より具体的にご相談に乗るためのシステムが、店舗で利用できます。

少しお話させていただくだけで、統計値やグラフでわかりやすくご案内できます。
窓口や渉外担当者にお気軽にお声掛けください。


小さなお子様の将来の教育資金を準備するなら…

WEBよろず相談課長

信用金庫の代名詞である「定期積金」の積立期間は最長5年ですので、「近い将来」のための資金準備にご利用いただけます。まだ少し先の高校進学や大学進学に備えるには、学資保険等で時間を味方につけて教育資金を準備するのも選択肢のひとつです。



コンシェルジュからのおすすめコンテンツ

アフラック「夢みるこどもの学資保険」の詳細はこちらからどうぞ。
もちろん、渉外担当者やお近くの《たんよう》窓口まで気軽にご相談ください。


おすすめの「学資保険」

アフラック「夢みるこどもの学資保険」


《たんよう》コンシェルジュ おすすめコンテンツのご案内


よろず相談はこちらからどうぞお気軽に

《たんよう》よろず相談室へ

  • 0120-200-707 受付時間(平日)9:00~17:00
  • よろず相談フォーム

お近くの《たんよう》へ

  • 店舗検索


お取引のない方もお気軽にご相談ください。

ページの先頭へ