ATMによる暗証番号変更の操作手順

ATMによる暗証番号の変更の操作手順について

生年月日等類推されやすいキャッシュカードの暗証番号を使用されているお客様には、ATM取引時に暗証番号の変更をお勧めするメッセージを表示しています。

なお、暗証番号は下記の通りATMを操作することにより変更することができますので、変更を勧めるメッセージが表示されたお客様や変更を希望されるお客様は、ご利用ください。

step1

「各種契約変更」
ボタンの選択

「各種契約変更」ボタンの選択最初の画面で「各種契約変更」ボタンを選択して下さい。

↓

step2

「暗証変更」
ボタンの選択

「暗証変更」ボタンの選択「暗証変更」ボタンを選択して下さい。

  • 「支払限度額変更」ボタンは口座単位に支払限度額の引き下げができます。
  • 「支払限度回数変更」ボタンは口座単位に支払回数の設定ができます。
↓

step3

キャッシュカードの
挿入

キャッシュカードの挿入変更する口座のキャッシュカードを挿入して下さい。

↓

step4

現在お届けの
「暗証番号」の入力

現在お届けの「暗証番号」の入力変更する口座の口座番号が表示されますので、現在お届けの「暗証番号」を入力して下さい。

↓

step5

新しい
「暗証番号」の入力

新しい「暗証番号」の入力新しい「暗証番号」の入力画面が表示されますので、今後使用する「暗証番号」を入力して下さい。

※生年月日や電話番号、車の番号等は類推され易い番号として登録はできません。

↓

step6

新しい
「暗証番号」の再入力

新しい「暗証番号」の再入力確認のためにもう一度、新「暗証番号」を入力して下さい。

※「暗証番号」を忘れないようにして下さい。

↓

step7

「暗証番号」の変更が
完了

「暗証番号」の変更が完了「暗証番号」の変更が完了しました。

※「新暗証番号」は、メモ紙やカード等に記載しないで下さい。

↓

step8

カードの返却

カードの返却カードが返却されます。


ページの先頭へ