よくあるご質問-信用金庫について-

信用金庫について(4件)

01 「信用金庫」と「銀行」等の違いはどこにありますか?
(信用金庫とは)

営んでいる金融業務(預金・融資・為替等)は銀行と同じですが、銀行は営利を目的とした株式会社組織の金融機関であるのに対し、信用金庫は限定された地域の中小事業者等の金融の円滑化と、地域住民の貯蓄の増強を図ることを目的に、「信用金庫法」に基づき設立された会員による「協同組織」の地域金融機関という違いがあります。

このため、信用金庫は、Face to Faceの「コミュニティーバンク」といわれています。
また、「この街と生きていく。」ための3つのビジョンに、
①地域社会繁栄への奉仕
②中小企業の健全な発展
③豊かな国民生活の実現
を掲げ、ひとりひとりの暮らしがよりよいものになるよう努めています。

<信用金庫の特徴>
信用金庫は、中小企業や地域の方々のための協同組織による地域金融機関です。協同組織は、相互扶助を基本理念としており、会員や利用者ならびに地域のニーズにお応えすることを経営の基本としています。

<信用金庫の概要>
◆ 信用金庫数 259
◆ 店舗数 7,294
◆ 役職員数 10万6千人
◆ 預金残高 143兆円
※ 2019年3月末現在

なお、「信用組合」は、信用金庫と同じで協同組織の金融機関ですが、根拠法や会員(組合員)資格が異なります。また、預金の受入れについても、信用組合は原則として組合員が対象ですが、信用金庫は制限がないなど業務の範囲も異なります。

詳しくは、全国信用金庫協会のホームページをご覧ください。


信用金庫と他金融機関との違い
信用金庫のビジョン
信用金庫の生い立ち

02 「信用金庫」は「営業地区」が決められていると聞きましたが、
《たんよう》の「営業地区」はどの範囲ですか? (営業地区)

信用金庫は、地域金融の円滑化を使命としていることから、営業できる地区が定められています。

財務局長から認可を受けている当金庫の「営業地区」は、兵庫県朝来市、養父市、神崎郡、姫路市(家島町は除く)、高砂市、加古川市、加西市、明石市、加古郡、たつの市、揖保郡、三木市、小野市、加東市、西脇市の各一円、並びに神戸市西区・垂水区となっており、これらの地域に34店舗と78出張所(店外ATM)を配置し、地域に密着したきめ細かい営業活動に努めています。(2019年07月末現在)

店舗・出張所の所在地については、下記「店舗検索・店外ATM検索」のページをご覧ください。


店舗検索
店外ATM検索

03 融資を受ける際に「出資金」が必要と聞きましたが、それはどういうものですか? (会員制度)

Q1(信用金庫とは)のとおり、信用金庫は、会員による「協同組織」ですので、原則として会員にしかご融資できません。このため、最初のご融資の申込みに際し、当金庫に出資(普通出資)をしていただく必要があります。

ただし、お借入希望ご本人の預積金を担保とする「預金担保貸出」と、会員でなくても会員となる資格がある方に700万円までご融資できる「小口員外貸付」という制度もありますので、ご希望の旨など窓口もしくは渉外担当者にご相談ください。

「出資金」は、最低1万円(200口)からとなっており、金庫の決算が終われば会員の代表の組織である「総代会」の決議により配当金が支払われます(昨年度配当率6%)。ただし、出資は株式と異なり市場での売買はできません。買上げを希望される場合は、取引店へ出資証券と印鑑をご持参のうえ、その旨をお申し付けください。(お買上げ手続きには、2~3週間の期間を要します。)

なお、当金庫の会員となる資格は、個人のお客様の場合、当金庫の営業地区内にて
①「住所または居所」を有しておられる方
②「事業所」を有しておられる方
③「勤労に従事」されている方
また、事業者のお客様については、上記①②③の条件を満たすとともに従業員数300人または資本金9億円以下の事業者となっております。

04 《たんよう》と「信金中央金庫」とは、どのような関係にあるのですか?
(しんきん中金)

信金中央金庫は、全国の信用金庫を会員とする協同組織形態の金融機関です。
信用金庫の中央金融機関として、昭和25年6月に設立され、平成12年には優先出資証券を東京証券取引所に上場しています。

また、信用金庫から預け入れられる預金に、金融債の発行などにより調達した資金を加え、総額約33兆円の総資産を保有。信用金庫がお客様のニーズに応じていくうえで役立つ金融商品の開発・提供や全国津々浦々に広がる信用金庫業界の巨大なネットワークを活かしたサービスの提供など、会員信用金庫の活動をサポートあるいは一体となって業務を行っています。

地域経済のパートナー「信用金庫」+信用金庫のセントラルバンク「信金中金」

詳しくは、下記より信金中央金庫のページをご覧ください。


信金中央金庫

ページの先頭へ