沿革

但陽信用金庫の沿革

1926年(大正15年) 産業組合法による有限責任生野信用組合設立
1949年(昭和24年) 市街地信用組合法による生野信用組合に改組
1950年(昭和25年) 中小企業等協同組合法による生野信用組合に改組
1951年(昭和26年) 粟賀支店開設
1952年(昭和27年) 信用金庫法による信用金庫に改組し、名称を但陽信用金庫と決定
地区拡張/市川町
中川支店開設
旧 本店(昭和27年当時)
旧 本店(昭和27年当時)
1955年(昭和30年) 甘地支店開設
1956年(昭和31年) 創業30周年
1958年(昭和33年) 地区拡張/神崎郡一円
寺前支店開設
1960年(昭和35年) 香呂支店開設
1963年(昭和38年) 福崎支店開設
1964年(昭和39年) 地区拡張/飾磨郡夢前町、姫路旧市内および山陽本線以北
1966年(昭和41年) 地区拡張/姫路市全域、高砂市、加古川市、加西市
姫路支店開設
1967年(昭和42年) 朝来支店開設 中川支店閉鎖
1969年(昭和44年) 預金総額100億円達成
城北支店開設
1970年(昭和45年) 高砂支店開設
1971年(昭和46年) 日本銀行と当座取引開始
預金総額200億円達成
地区拡張/明石市、加古郡、朝来郡和田山町、山東町、揖保郡揖保川町、太子町、御津町、姫路市林田町
1972年(昭和47年) 預金総額300億円達成
土山支店開設
寺前支店閉鎖
日本銀行歳入代理店事務取扱開始
1973年(昭和48年) 地区拡張/龍野市
城北支店事務センターを新設
1975年(昭和50年) 姫路南支店開設
但陽会館 新築
但陽会館
但陽会館
1976年(昭和51年) 創業50周年
加古川支店開設
1977年(昭和52年) 預金総額500億円達成
加古川本部を新設
1978年(昭和53年) 別府支店開設
オンライン稼動(当座・普通)
両替商業務取扱開始
1980年(昭和55年) 事務センターを姫路市元塩町に移転
姫路西支店開設
東加古川支店開設
1982年(昭和57年) 預金総額1,000億円達成
加古川駅前支店開設
1983年(昭和58年) 融資オンラインスタート
加古川東支店開設  東加古川支店を北野支店へ名称変更
1984年(昭和59年) 地区拡張/三木市
福崎支店移転
高砂中央支店開設
大塩支店開設
1986年(昭和61年) 創業60周年
本荘支店開設
貸出金1,000億円達成
1987年(昭和62年) 加西支店開設
1988年(昭和63年) 預金総額1,500億円達成
地区拡張/神戸市西区
加古川本店開設
本店を生野町から加古川市へ移転、旧本店を生野支店とする
加古川駅前支店を廃止
加古川支店を平野支店へ名称変更
溝口支店開設
新 本店
新 本店
1989年(平成元年) 日銀準備預金制度の適用先となる
平野事務センター完成
1990年(平成2年) 共同オンラインスタート
預金総額2,000億円達成
姫路灘支店開設
1991年(平成3年) サンデーバンキング開始
ファームバンキング、バンクPOSシステム取扱開始
神野支店開設
1992年(平成4年) 地区拡張/小野市、加東郡社町、滝野町
高砂西支店開設
1993年(平成5年) 預金総額2,500億円達成
1994年(平成6年) 稲美支店開設
1995年(平成7年) 但陽会館新館竣工
日本銀行と貸出取引開始
但陽会館 新館
但陽会館 新館
1996年(平成8年) 創業70周年
預金総額3,000億円達成
貸出金総額2,000億円達成
渉外支援システム全店始動
1997年(平成9年) ホリデーバンキング取扱開始
1998年(平成10年) 地区拡張/西脇市、神戸市垂水区、加東郡東条町
休日相談コーナー開設(平野支店)
投信窓口販売取扱開始
姫路東支店開設
北野支店新築
1999年(平成11年) モバイルバンキングサービス開始
宝くじ業務取扱開始
寺前支店再開設
2000年(平成12年) デビットカード取扱開始
但陽ビジネスサービス株式会社設立
スポーツ振興くじ(toto)取扱開始
高砂支店新築  姫路南支店新築
NPO法人但陽ボランティアセンター設立
2001年(平成13年) 預金総額4,000億円達成
テレホンバンキングサービス開始
損害保険窓口販売取扱開始
確定拠出年金業務取扱開始
尾上支店開設
2002年(平成14年) 生命保険窓販取扱開始
新インターネットバンキングスタート
本店別館増築竣工
別府支店増改築
本店別館
本店別館
2003年(平成15年) 個人向け国債取扱開始
PDAによる新渉外支援システム開始
IYバンク銀行とATM提携
2004年(平成16年) 法人インターネットバンキング取扱開始
決済用預金「あんしんぽけっと」取扱開始
2005年(平成17年) 地区拡張/黒田庄町、吉川町、安富町、新宮町
本部組織一部変更(監査部)
よろず相談室を設置
2006年(平成18年) 創業80周年
預金総額5,000億円達成
夜間ローン相談コーナー開設(平野支店)
ATM通帳繰越取扱開始
本支店間振込手数料無料化
粟賀支店新築
2007年(平成19年) ATM利用手数料無料化
コンプライアンス室設置
ICキャッシュカード発行開始
創業80周年記念誌発刊
姫路北支店開設
2008年(平成20年) 全店にAED(自動体外式除細動器)設置
業務用携帯電話導入
イオン銀行とATM提携
勝原支店開設
2009年(平成21年) 「ゆうちょ銀行」との振込取扱開始
「高齢者取引対策委員会」を新設
を新設
2010年(平成22年) 共同オンラインシステムの更改
預金総額6,000億円達成
城西支店開設
2011年(平成23年) 「当金庫の多重債務者問題への取組み」が金融担当大臣より顕彰
2012年(平成24年) 飾磨支店開設
中小企業経営力強化支援法に基づく「経営革新等支援機関」に認定
2013年(平成25年) 姫路支店新築
でんさいネット取扱開始
オンラインシステムが一般社団法人しんきん共同センターへ統合
2014年(平成26年) 「第11回企業フィランソロピー賞」受賞
但陽会館東館(宿泊棟)完成
「融資審査会」を設置
但陽会館東館(宿泊棟)
但陽会館東館(宿泊棟)
2015年(平成27年) 「金融円滑化対策委員会」を「地域密着型金融推進委員会」に統合
「たんよう知的資産経営クラブ」設立
「地域創生部」「事業支援部」を新設
加古川税務署より「優良申告法人」として表敬
2016年(平成28年) 創業90周年
預金総額7,000億円達成
朝来支店新築移転
地区拡張/養父市
2017年(平成29年) 「総合企画部」「営業統括部」「融資管理部」を新設
和田山支店新設開店

ページの先頭へ