各種支援メニュー

「強み」を再発見し景気に左右されない企業になる《たんよう》知的資産経営支援

経営革新等支援機関として、会社の力を発掘するお手伝い

今後の経営の方向性が明確に!取引先からの見られ方が変わり事業拡大に!

《たんよう》は中小企業経営強化支援法に基づく「経営革新等支援機関」としての認定支援機関です。

経営革新等支援機関に関する詳細は「経営革新等支援機関」の認定と支援業務窓口についてよりご確認下さい。

「強み」を再発見し景気に左右されない企業になるお手伝い。それが《たんよう》の知的資産経営支援

非常に大切なものであるにもかかわらず、
バランスシート(貸借対照表)に計上されない(見えない)
会社の大切な資産…これらを「知的資産」と呼びます。
それは、もしかすると普通の「資産」をたくさん持っているのと同じくらい…
あるいはそれ以上の価値があるのかもしれません。

《たんよう》「知的資産経営支援」で、自社の「強み」を再発見し、
景気の波に左右されない企業になりませんか。

知的資産経営支援とは?

知的資産経営のイメージ

知的資産経営レポート・報告書の作成支援はもちろん活用も《たんよう》がしっかりと支援します。

知的資産経営レポート・報告書作成の支援はもちろん、
それらの活用に関しても、当金庫の各種支援メニューにより
総合的にお手伝いします。

支援の流れ・活用支援について


知的資産経営に取り組まれた方の声

このような言葉が寄せられる取り組み。実践する価値は十分にあると《たんよう》は考えます。

実際に「知的資産経営報告書」やその概略版である「経営レポート」を作成された会社の経営者や幹部の方々の言葉です。
「知的資産経営報告書」を作成するためには、経営者と従業員が会社の過去と今と将来のことを真剣に考え、本音をぶつけあい、それらを「見える化」します。

簡単なことではありません。しかし、この先に会社の「未来」があります。
このような言葉が寄せられるこの取組み。実践する価値は十分にあると《たんよう》は考えます。


株式會社丸十 代表取締役 松尾将勝 様株式會社丸十 代表取締役 松尾将勝 様 (精密板金業)

我が社の「強み」を言語化できた「知的資産経営報告書」は海外への販路開拓やリクルーティングに大いに役立っています。

また、小集団活動や5S運動でも知的資産経営報告書のブラッシュアップをテーマとして取り挙げるなど、人材育成や品質向上の糧となっています。

さらに詳しく見る


株式會社 丸十様 ホームページ
有限会社 きりしま産業 代表取締役 中村理恵 様有限会社 きりしま産業 代表取締役 中村理恵 様(飲食業・テイクアウト食品製造業)

お金をかけなくても知恵を結集して会社を良くすることができる方法が知的資産経営。

しかも、自分たちだけでなく取引先など周囲も巻き込んで「みんなで良くなっていく」ことができるのです。

知的資産経営に出会わなければ、当社の「名刺代わりとなる新商品」の誕生もありませんでした。

さらに詳しく見る


有限会社 きりしま産業様 ホームページ

全力で支援!まずは知的資産経営支援セミナーへご参加を

《たんよう》は、以下の流れで「知的資産経営」への取組みをお手伝いしています。

step1

《たんよう》知的資産経営支援セミナー風景 まずはこちらから

「知的資産経営支援セミナー」に参加

まずは《たんよう》が主催する「知的資産経営支援セミナー」にご参加ください。
「知的資産経営」についての解説や、実際に取り組まれている企業の経営者からその効果についての話などを詳しく聴ける機会を用意しています。

知的資産経営支援セミナー


step2

《たんよう》知的資産経営レポート作成セミナー風景
気づき STEP1の知的資産経営支援セミナーへのご参加が必要

「知的資産経営レポート作成セミナー」に参加

「知的資産経営」への取組みの第一歩として、知的資産経営報告書の概要版である「経営レポート」を作成します。
このセミナーは、月1回、連続して3回開催され、この3ヵ月の間、自社の知的資産にたっぷりと向き合っていただきます。

「概要版」と侮るなかれ。
貴社にとってかなり中身の濃い3ヵ月間になるはずです。
セミナーの開催日には、平日コースと土曜コースを設けており、経営者はもちろん、出来るだけ多くの社員の方に参加いただくようお願いしています。

経営レポート作成セミナー


step3

「知的資産経営報告書」(本格版)の作成風景
やる気 ご希望により報告書sかうせいを支援!

「知的資産経営報告書」(本格版)の作成

「経営レポート」の作成を経て、本格的な「知的資産経営報告書」の作成のための支援をご希望の会社には、個別にそのお手伝いをさせていただいています。

「知的資産経営報告書」の作成を支援する専門家への取次はもちろん、その作成のための貴社内のミーティングの場には必ず当金庫の貴社担当者が同席し、情報や意見の提供をさせていただくとともに、今後の展開としての各種ビジネスフェアへの参加や各種補助金の申請等の支援をさせていただきます。

知的資産経営報告書 作成支援


step4

《たんよう》知的資産経営クラブ風景 STEP2、STEP3に取り組まれた事業所へご案内

「《たんよう》知的資産経営クラブ」のご案内

「知的資産経営報告書」「知的資産経営レポート」の作成に取り組まれた事業所の皆様を対象に、「《たんよう》知的資産経営クラブ」をご案内しています。

知的資産経営報告書のブラッシュアップの推進と各種情報および会員相互の交流の機会にご利用いただけます。
(随時、講演会等の予定を提供させていただきます)



知的資産経営支援のご相談はこちらからどうぞお気軽に

お電話でのご相談はこちらから

  • 《たんよう》事業支援部コンサルティング課 0120-200-707 受付時間(平日)9:00~17:00

お近くの《たんよう》へ

  • 店舗検索


お取引のない方もお気軽にご相談ください。

ページの先頭へ